フラッシュ視聴

サンティアゴ巡礼の道

Camino de Santiago神に選ばれし「陽が沈む聖地」

古い教えによると、12人の使徒の一人であった聖ヤコブは、ヒスパニアでキリスト教を布教活動中、世界の最西端として知られるガリシア州に立ち寄りました。
 
西暦44年、彼はエルサレムで処刑されましたが、亡骸を埋葬することが許されず、聖ヤコブの弟子がサンティアゴ・デ・コンポステーラに埋葬しました。その後、彼の墓地は忘れられた存在となっていましたが、西暦813年、不思議なことに、天から降り注ぐ光が墓地を明るく照らし、私たちにその存在を教えてくれたのです。
 
その後、太陽が教えてくれた場所には、小さな礼拝堂が建てられました。そして時が経つにつれ、象徴的な大聖堂となり、そこを中心として街が形成され、大きく発展していきました。
 
中世における聖ヤコブの墓の発見は、奇跡のような伝説をいくつも生み、「天の川が導いている」「空が旅に出よという」…などと言って、数えきれないほどの巡礼者たちが、それぞれの想いでヨーロッパ各地からサンティアゴ・デ・コンポステーラを訪れました。そして、サンティアゴ・デ・コンポステーラの道が有名になるにつれ、教会や修道院、避難所や宿泊施設、病院などが次々と建設され、街や市場を形成し、そして発展を遂げたのです。
 
サンティアゴ・デ・コンポステーラの道は、巡礼道としてだけではなく、思想や貿易、芸術や文化交流の道としても利用され、ヨーロッパの形成にも大きく寄与しました。中世のキリスト教世界の重要な場所としてコンポステーラが位置づけられていったのです。
 
ヨーロッパ大陸における、歴史上極めて重要なサンティアゴ・デ・コンポステーラの道は、ヨーロッパ初の文化的巡礼道として欧州評議会で登録され、ユネ スコの“世界文化遺産”にも登録されました。
 
今日でもこの聖なる道は、昔と変わらず人々を惹きつけてやみません。精神的な道として、信仰の道として、交流とおもてなしの道として、芸術と文化の道として、そして自分自身を高めるための道として、歩く人それぞれに「巡礼とは何か」を問いかけてくれるのです。巡礼を終えた人たちは、達成感だけではなく、きっとそれ以上の何かを手にしていることでしょう。

 サンティアゴ・デ・コンポステーラ

Camino de Santiagoこの街を訪れると、大聖堂が醸し出す中世の壮麗漂う不思議な空気に気づくでしょう。この世界遺産の街は、厳かな森や小さな家々が並ぶ町並みと、石造りの古いアーケードが連なる狭い石畳の通りが特徴です。そして、平和で安全な街としても紹介できるすばらしいところなのです。
 
サンティアゴ・デ・コンポステーラは、歴史的な建築技術が都市の発展に大きくかかわっています。その優れた建築技術や、環境と調和した都市計画が評価
され、これまでに多くの国際的な賞を受賞しています。サンティアゴにはまた、500年以上も前に設立されたスペインで最も名高い大学も残っています。

 
田辺市田辺市熊野ツーリズムビューローサンティアゴ・デ・コンポステーラ市観光局世界遺産参詣道ユネスコ世界遺産センター